VIXラボ

新大統領ハネムーン期間のVIXとSP500

2016/12/05

次のアメリカ大統領が、ドナルド・トランプに決まりました。

新政権発足からの100日間は「ハネムーン期間」と呼ばれ、マスメディアはこの100日間新政権への批判を控えるというならわしがあります。
報道機関だけでなく野党も、この期間は静かに新与党を見守る方針を採るようです。

株価も堅調になりやすいと言われるこのハネムーン期間。実際のところどうなのか。過去に新大統領が誕生した時のマーケットをVIX指数とSP500でプレイバックしてみます。

新しい大統領が誕生すると…

Wikipediaのハネムーン期間(報道) を見ると、

ハネムーン期間(ハネムーンきかん)とは、近代の民主主義政治において、政権交代後の新政権の最初の100日間のことを指す。

とあります。

政権交代後、新政権発足後の100日間ということは、大統領選本選挙の翌年1月20日大統領就任式から100日間という意味でしょう。

でもマーケットは、次期大統領が決まれば就任など待たずに動きます。
実際動いてます。
11月の選挙から就任式までの間の値動きには、市場が次の大統領の掲げる経済政策にどの程度期待しているのかが表れるものと思います。

新しい時代が来て、これまでの問題が打開されるだろうという希望や、これまでとは違ったセクターに光が当たるとの予想からの銘柄物色など、株価が上がる理由は理解できますが、そうは言っても相場の話です。

「100日間は売らないのがマナー」だとか、そんなんやってたら死にます。
新大統領と市場とのハネムーンは、マスコミの紳士協定上のそれとは別モノで、期待がはがれないうちは売る理由もないことから「株が下がりにくい時期」くらいの意味合いでしょう。
期間も開票の日から事実上スタートしていると。

100日という区切りをもう少し拡大して、これまでの新政権誕生前後の値動きをさらっと確認しておきましょう。

いつもの通りVIXを見ますが、VIX指数は大きなイベントを通過すれば下がるのが普通で、どの政権交代でも直後は似たりよったりの動きになってしまいます。
そこでS&Pも合わせて見ることにします。

本選挙の投票日より前から見たいので、選挙年9月から就任年6月までのVIXとSP500のチャートを作ります。

チャートの縦線は、左から大統領選本選挙の日就任式(1/20)ハネムーン期間終了の日(4/29)です。
オレンジの縦線2本の間がメディアと新政権のハネムーンになります。

オバマ政権 2009年発足

オバマ就任前後のVIXとSP500

今現在(2016年11月)の最新大統領はバラク・オバマです。
北京五輪の開催された2008年の11月4日の本選挙に勝って2009年1月に就任…と、時期を聞いた瞬間にチャートを確認する気力を失いますが、まあ一応。

オバマハネムーンのVIXとSP500

就任からしばらくは横這いで頑張っていたSP500が、2月に再び下落し始めます。
2月の株価下落局面では、VIXは無反応のように見えますが、2月12日の終値41.25から3月2日には52.65と、27.6%上がっています。

9月10月が凄まじすぎて、他の時期のチャートが平坦に見えてしまうだけなのでした。

3月9日のS&P終値676.53を底に反転しはじめてからは、VIXは着実に下げて足場を整え、S&Pが体力を回復するのを待っているという風情です。

この時の相場は、ハネムーンがどうのと言ってる場合じゃないですね。
投資家にとっては、メディアが政府を非難するとかしないとかよりも、目の前のチャートのほうがずっと重要でしょう。

オバマの8年間のSP500とVIX

オバマ任期のSP500とVIX

結局前述の3月が底でした。
この後のチャートは、見慣れたものだと思います。強いです。オバマの任期中にS&Pは約3倍まで伸びています。

ジョージ・W・ブッシュ政権 2001年発足

ブッシュ就任前後のVIXとSP500

ブッシュも8年間務めました。
選挙は2000年です。シドニーオリンピックの年の11月7日に民主党ゴアを破って当選。翌年1月に第43代アメリカ大統領に就任しました。

チャート行きましょう。
でも2001年って…

ブッシュハネムーン前後のSP500とVIX

ドットコムバブルが崩壊してる…

ナスダックは2000年の3月をピークに大きく崩れ、世界の新興市場を巻き込みながら下落。S&Pも巻き添えになりました。
4月頃から多少持ち直してはいますが、この後同時多発テロもあり、株価は下がり続けます。

どこにスィートな雰囲気が?
…もうこれヤメていい?

ブッシュの8年間のSP500とVIX

ブッシュ任期のSP500とVIX

積み上げたものを全部スり、また積み上げて全部スり…ダメな2代目という感じが笑うに笑えません。

ドットコムバブル崩壊中に受け取ったバトンをリーマンショック中に渡した大統領でした。

クリントン政権 1993年発足

クリントン就任前後のVIXとSP500

クリントン旦那がパパブッシュから政権を奪った選挙です。

投票は1992年11月3日に行われました。バルセロナオリンピックの年です。

クリントン大統領ハネムーン_VIXとSP500

やっと右肩上がりのチャートが出ました。

やはりマスコミと新政権のハネムーン期間(就任後)よりも、クリントン当選直後の強さが際立っています。

選挙前の9月にポンド危機のあおりを受けて下がっていたSP500は、投票日までに元の株価に戻っていますが、選挙の結果が出た後に上抜け。結局この上昇が効いて全体を強い印象にしています。

株式市場におけるクリントン政権は、滑り出し順調でした。

とは言っても…

米株は、長期的に上がっていますし上昇している時期の方が長いわけで、そりゃ右上がりチャートになる年もなきゃおかしいです。
ましてや秋から春というシーズンは、株の上がりやすい期間でもあります。

オバマとブッシュのタイミングが悪過ぎたせいで、クリントンのチャートが良く見えますが、チャートの後半はそれほどいいわけでもなく、せいぜい普通くらい?

全期間で見てみましょう。

クリントンの8年間のSP500とVIX

クリントン任期のSP500とVIX

こうして見ると、やはりクリントン時代は株価堅調です。
在任の8年間にS&Pは3倍以上になりました。

ジョージ・H・W・ブッシュ政権 1989年発足

W.H.ブッシュ就任前後のVIXとSP500

選挙は1988年の11月8日です。ソウルオリンピックの年でした。
民主党の代表としてパパブッシュと戦ったのは、マイケル・デュカキス(誰?マサチューセッツの州知事だった人らしいです)

この時まだVIX指数はありません。
でも1986年から算出されているSP100のインプライド・ボラティリティVXO(VIX指数はSP500のインプライド・ボラティリティです)があるので、そちらを使います。
(VIXとVXOの値動きの相似は、一番下のチャートで確認して下さい。ほぼ一緒に動いています)

パパブッシュ1989就任前後のVIXとSP500

1987年のブラックマンデーから立ち直って行くところで、株価は継続的に上がっています。

この時もやはり、就任後よりも当選後のほうが強いです。
期待こそが株価を押し上げる。株式市場の性質がここにも出ていると言うことでしょう。

今(2016年11月です。トランプが当選を決めたところです)のトランプ高も期待上げなので、これからしばらくはトランプの発言・動向に注目したいです。

父ブッシュの4年間のSP500とVXO

%e3%83%91%e3%83%91%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e4%bb%bb%e6%9c%9f%e3%81%aesp500%e3%81%a8vxore

1990年8月に荒れ模様になります。
イラクのクウェート侵攻の時です。
その後1991年の初頭にもう一度VXOがスパイクしていますが、これはイラク空爆により湾岸戦争が始まった日です。

この頃アメリカでは不動産不況が深刻化していたそうで、トランプが最初に破産したのも1991年でした。

トランプはこの時「破産しそうになったけれどもなんとか乗り切った」のだそうです。

乗り切り方は、借入先の全銀行(世界中にありました)に順に電話して返済期限を延ばしてもらうという手段。倒産が相次ぐ中、銀行としても取りっぱぐれが確定するより、ずっと後にでも返してもらえる可能性のある話の方がマシだったのでしょう。

この人は、絶対に追証ごときで新小岩に行ったりしない人だわ。
大統領になれたのは新小岩に行かなかったからだよ。

↓トランプとトランプ父の愛読書
「新訳積極的考え方の力」

付録チャート

レーガン大統領任期中のチャート

レーガンが就任した当時はVIXに相当する指数がありませんが、トランプはレーガノミクスを踏襲すると言われているので参考に。

レーガン大統領任期のSP500とVXO

 

1987年の急落はブラックマンデーです。
レーガンも3倍大統領でした。

80年代以降S&P3倍大統領が2代続いたことはありません。

レーガン(3倍にしたところでブラックマンデー)→パパブッシュ(戦争)→クリントン(3倍にしたところでドットコムバブル崩壊)→子ブッシュ(テロ・リーマン)→オバマ(3倍)→トランプ(?)

もしもここから更に3倍にしたら、トランプはその意味でも異色の大統領になりますね。
THINK BIG!

※トランプが歴代米大統領の中で最も尊敬しているのはエイブラハム・リンカーンです。

VXOとVIX

今ではVIX指数が広く知られ、VXOが注目されることはありませんが、現在もVXOの値は日々公表されています。

2015年からのVXOとVIXの値動きを比較したチャートです。
値動きを見る際にVIXの代用に使って問題ないであろうと考える根拠として置いておきます。

vxoとvix_since2015

拾い物チャート

いいもの見つけたので置いておきますね

過去20の大統領選後の4年間のチャートですが

グレーが全部の平均
青 民主党政権時の平均
赤 共和党政権時の平均

です

スポンサーリンク

-VIXラボ
-